住宅ローンが払えない体験をしてわかったこと#30 もし離婚をしたら?

僕が経験したこと
liggraphy / Pixabay

想定できないこと

これは僕が経験したことです。

 

あまり住宅ローンには関係ないかも知れませんが、僕はバツ2なのですが、2度目の結婚生活のときに、当時の妻の父親が家を建ててくれました。

 

元妻の実家は代々から続く資産家で、土地をいくつか持っていて、アパートも経営しているお金持ちだったのです。

 

しかし僕と元妻は性格の不一致でうまくいかなくなり結局離婚しました。

 

建ててくれた家は二階建てで、4人家族で住めるファミリータイプです。僕と元妻の間に子供が出来る予定で建ててくれたのだと思いますが、子供は出来ませんでした。

 

なので夫婦二人だけで、その広い家に住んでいたわけです。

 

ところが先ほども言ったように、夫婦仲はうまくいかなくなり、離婚ということになってしまいました。

 

離婚理由は長くなるので割愛しますが、元妻の父親が建てて、土地も実家が所有する土地に建てていたので、当然僕が出ていくことになりました。

 

ということは、あの広い家に元妻が一人で住むことになるのです。今現在も一人で住んでいますが。

 

もしその家を僕が住宅ローンで建てていたら、と思うとぞっとしますね。考えたくもありません。

 

以前の記事で、住宅ローンで家を建てるときは、いろんな事を想定した方がいいと書いたことがありますが、夫婦の離婚までは想定しないと思います。

 

「俺(私)たち離婚するかも知れないから家は建てない方がいい」なんて言えませんもんね(笑)。

ちなみに一度目の離婚のときは、ずっと賃貸だったので、何の問題もありませんでした。スッキリしたもんでした。

まとめ

これって決してあり得ないことではないんですよ。夫婦仲が悪くなって離婚するとなったとき、住宅ローンで家を建てていたら、非常に面倒くさいことになると思います。

コメント