住宅ローンが払えない体験をしてわかったこと#37 5年で自己破産してよかったかも…

住宅ローンの怖さ
Peggychoucair / Pixabay

以前から言っているように、僕の場合は住宅ローンで建てた家に5年ほど住んで破綻し、自己破産をいたしました。

 

YouTubeの動画でも住宅ローンが払えない人の動画がアップされたいました。俗にいう「住宅ローン難民」ですが。

 

働いていた会社が順調に業績を伸ばしていたのに、不況の煽りを食らって、ある日突然給料が半分に減り、住宅ローンが払えなくなったという人が多くいます。

 

しかも60歳を過ぎてからです。

 

僕の場合はまだ40代後半だったので、仕事もすぐに見つかり、良かったと思っています。

 

60歳を過ぎていると、本当に働き口はないと思います。肉体労働などは体を壊しかねません。

 

負の連鎖といいいますか、本当に先行きが不安で、というか不安しかないと思います。

 

家を取られて、この先賃貸でどうやって生きていこうか? というところだと思います。

 

60歳までは順調に返済できていたのに、急に会社が傾き、返済ができなくなったというパターンは本当に辛いですね。

 

それなら家を建てて5年で破綻して自己破産した方が、若いうちに再出発できますから、その方がいいと僕は思います。

 

ものは考えようで、早々と自己破産をして本当に良かったです。早めに別の道を歩めましたから。

 

コメント