失敗したいための家づくり・・・土地に対して、家をどう位置させるか

家づくりナビ
kaboompics / Pixabay

土地の中に、どのように家を建てるのか?

家の位置ですね。

 

たとえば長方形の土地があったとします。

 

その土地の中の、どこに家を建てるか、位置させるか?

 

土地を正面から見て、右側に建てるのか、左側に建てるのか。

または少し奥の方に建てるのか?

そんなことも考えなければなりません。

ザックリですがこんなイメージです。大きな四角が土地、中の小さな四角が家です。

ABCDのどれにするか?

迷いますよね。

それによって庭の使い勝手や、車を停めるガレージの位置なども変わってくるのです。

ここをいい加減に考えると後でものすごく後悔します。

そして建ててから後悔しても、もちろん遅いのです

庭の使い方

土地(敷地)の中で建物以外の所は、余った土地ということになります。

その部分をどう使うか、庭にするとか、ガレージにするとか、

または犬を飼うならドッグランを作るとか、夢は広がると思います。

家というのは大きな買い物です。初めての人も多いと思います。

後で後悔する人も結構多いのです。僕もその一人でした。

 

僕は家を建てる位置を間違えてしまい、

建ててから「もう少しこっちに建てればよかったな~」と後悔しました。

というのは業者さんに言われたのです。

「もうちょっとこっちにずらした方がいいのではないですか?」

と言われて、僕は面倒くさくて「いえ、もうそれでいいです」と言ってしまいました。

 

建ててから、実際にその家で生活していて、事あるごとに微妙に使い勝手が悪くて、

もっと奥に位置すれば、道路側の庭が広くなったのに、適当に建ててしまったために、

その庭が狭くて、中途半端に広さになってしまいました。

 

初めての家づくりだったので、わからないことも多くて、

「早く家を建てたい」ということばかりを考えて、細かいことは考えませんでした。

「もうこれでいいから、早く建てて」的なノリだったのです。

計画はじっくりと時間をかけて

実際に家を建てると決めたら、どんな風にするのか業者さんと話し合い、

煮詰めて、思い切り時間をかけて、計画を立てましょう。

詳細を煮詰めるのに1、2か月かかってもいいぐらいの認識でいいと思います。

ご夫婦なら、二人でしっかりと相談して決めていきましょう。

また住宅展示場などへ出向いて、イメージを膨らませるのもいいと思います。

 

一生住む家なので、後悔することのないように、家づくりも勉強が必要だと思ってください。

よくあるパターンが、奥さんは真剣に考えているのに対して、

旦那さんがなーなーになってしまうことがあります。

僕がそうでした。(笑)

「任せるよ」みたいな感じで。

家づくりは確かに難しいし、ご夫婦だと揉めたりすることもあると思います。お互い主張するところは主張して、妥協するところは妥協しましょう。

なかなか100%満足する家って難しいですよね。予算の関係もあるし、全ての希望が叶わないこともあると思います。

まとめ

土地に対して、どの位置に家を建てるのがいいのか、それぞれ思いは違うし価値観も違うと思います。

いろんなことを想定して決めていきましょう。いろんな人に相談することもいいと思います。

 

 

 

コメント