失敗したいための家づくり・・・ どんな業者を使うかが重要。オススメしない事、あれこれ

家づくりで大事なこと
Free-Photos / Pixabay

建築業者(ハウスメーカー)を選ぶときに、してはいけないこと。

これは僕の経験です。また僕が耳にした話です。

家を建てる時はどんな家を建てるのかを検討する、または夫婦で話し合うことは、最重要なことですが、もう一つ大事なことがありまして、どんな業者に建築を依頼するのかを決めるのも、とても重要なことなのです。

これに関しては施工後(家が建ったあと)トラブルになることも少なくありません。

業者の決めるときは、自分たちで吟味して、納得した会社に依頼するようにしましょう。

よくあるのがこんなパターン。

1 友人から知り合いの業者を勧められた。あるいは紹介された。
2 親戚が建築業者なので、義理でそこに依頼した。
1のケースは意外とありがちなんです。
「家を建てるなら、絶対A社がいいよ。うちもそこに建ててもらってすごく良かった。なんだったら紹介してあげようか」
これ本当に難しいところで、やはり家を建てることって、みなさん初めてなので、後悔したくないわけですよね。どこの業者に依頼したらいいのか分からないので、いろんな人に相談するわけです。友人知人などに。
すると上記のような返事が返ってくることもあります。
一旦紹介してもらったら、そこに依頼しなければならないような流れになってしまいます。友人の顔を潰さないために。断ってしまうと、これからの関係が気まずくなるようにも思えてきます。
2のケースですが、これは僕の知人の話です。
僕は昔、保育園の園長をしていたのですが、僕が就任する数年前に園舎を建て替えたのです。その工事を理事長夫妻の親戚に依頼したそうです。
親戚が建設会社のオーナーをしていたので、断ることもできずに依頼しました。ところが出来上がった園舎は使い勝手が悪く、保育士たちから不満が続出。
しかも鉄筋コンクリートで新築なのに雨漏りが発生したのです。それもポトポトではなく、ジャージャーという感じで。これ最悪ですよね。
保育室の引き戸も立て付けが悪くて、扉が閉まらないような状態。その園舎になってから僕が園長に就任したので、どうしようもなかったのです。
保育園には保育園の園舎を専門にしている業者に頼むのが一番ベストです。そのノウハウもない業者に頼んではいけません。
一概には言えませんが、家を建てるのも、義理が絡んでくるとろくなことがない、というのが僕の感想です。建ててから文句も言えないし、泣き寝入りです。
親戚だろうが、友人の紹介だろうが、気に入らなければきっぱり断る、ぐらいの強い意志が必要です。建ててしまった後では、どうすることもできません。

うちに頼んだら安く建ててやるぞ

いえ、けっこうです。自分で探します

しっかりと家のイメージを確立しましょう!

誰でも自分が住んでみたい家のイメージがあると思います。それをしっかりと持って、ハウスメーカーを探しましょう。
たとえばログハウスを建てたいのに、セキスイに頼んでも意味がありません。セキスイは素晴らしい家を建ててくれますが、ログハウスではありません。
ログハウスは専門の業者に依頼しましょう。
有名ハウスメーカーの他に工務店もあります。いろんな施工例(写真)を見せてもらうなどして、自分のイメージにあった業者を見つけるのも一つの方法です。
いずれにせよ家を建てるという事は時間がかかります。どれだけ時間をかけても、納得のいく業者を見つけましょう。

まとめ

いろんな人に相談するのはいいことですが、相談する人も誰でもいいというわけではありません。信頼できる人に限定しましょう。

こういうことはあまり多くの人にベラベラ喋らない方がいいかも知れません。来てほしくない人にしゃしゃり出てこられると厄介です。

コメント