失敗したいための家づくり・・・ マイホームを建てたあと意外と困ること。

家づくりナビ
MichaelGaida / Pixabay

庭をどうするの?

これなんですよ。

マイホームを計画する時、家のことばかりを考えてしまって、庭をどうするか? を意外と忘れがちなんです。

僕が一回目に家を建てた時、(これは元妻の親に建ててもらったのですが)初めてだったこともあり、家ができる楽しみばかりで、庭のことなんてさっぱり考えていませんでした。

80坪ぐらいの土地で、家を建てたあと、当然庭の部分ができました。

そこは元の土のままで、庭というよりも、家以外の余った土地という感じでした。そういう土地って、ちゃんと庭を造らないと、本当に変なんですよ。

当然、放っておけば雑草は伸びてきます。夏に向かっていくと草が伸びてきますので、草取りが欠かせません。

そのときは家づくりと一緒に周りのフェンスと門までは作ってくれたのですが、庭は手付かずでした。ですが庭まで作って欲しいとは言えませんでした。

庭を業者に頼んで作ってもらうと、100万ほどかかります。そのお金がなければ自分でやるしかありません。

庭を造る方法。

簡単に自分で作るといっても、なかなか出来るものではないのです。そういうことが好きな人、または知識がある人なら、休みの日などに楽しみながら作ることもできるのでしょうが、僕にそんな知識はないし、またガーデンデザイナーのようなセンスもありません。

それでも自分で挑戦してホームセンターで芝生を買ってきて敷き詰めてみたのです。それ自体は素人でも出来るのですが、土がしっかりと均されてなくて、凸凹になってしまったのです。

芝生を敷く前に、ちゃんと土を均したのですが、そのやり方が甘かったのだと思います。低い部分が出来てしまって、雨が降ったりすると、その部分に水が溜まってしまいました。

簡単に地面を均すといっても、結構大変です。口で言うほど簡単ではありませんでした。

芝生も一度に敷くことができずに、何度かに分けて買ってきたのです。まあ、一応芝生は根を張って、しっかりと育ちましたからほっとはしましたが。

でもその代わり、今度は芝が伸びてくるので、芝刈りが不可欠になってくるのです。すると今度は芝刈り機が必要になりました。

またまたホームセンターで芝刈り機を購入してきて、芝を刈ることになるのですが、これも結構大変でした。

芝を刈ったあと、刈り取った芝を掃除しなければならないのです。その作業も大変でした。次の日は筋肉痛になります。(笑)

でも、僕にできることはそれぐらいでした。一人ではどうしようもないし、あれも本当に好きな人でないと続きません。

場所によっては日が当たらない部分も

その他に困ったことは、隣に家が建っていて、日が当たらない部分があったことです。その部分だけが常時日陰になっていて、湿気が乾くことができなくて、年中ジメジメしていました。

日陰なので花壇を作ることもできません。花を植えても育ちません。

何か有効活用できないかなと思いましたが、僕には思いつきませんでした。そのうち夫婦仲が悪くなり、離婚してその家を出ました。(笑)

自分で庭をどうにかしようと思ってもなかなかできませんし、やっても大変です。何度も言いますが、そういうことが好きな人なら、やれてしまうと思うのですが、僕にはできませんでした。

家を建てる時は、ぜひ庭の部分も予算に入れておくこと、あるいは家以外の部分はどうするのかをしっかり決めておくことをお勧めします。

まとめ

庭を業者に頼むと、100万ほどかかります。とりあえず家を建てて、庭はあとで何とかしようと思っても、なんともなりません。放っておけば雑草だらけに…。家の周り、外構をどうするかをしっかり決めた方がいいと思います。

 

 

コメント