失敗したいための家づくり 土地選び 避けたい土地とは?

家づくりナビ
fancycrave1 / Pixabay

自然の摂理

生きていく中で家は最も大切なものです。どんな土地にどんな家を建てるか、またどんな方角に家を建てるか、ということが非常に重要になってきます。

まずは日当たりを考えましょう。

太陽は東から登って西に沈みます。これを変えることはできません。ですから、それに準じた住まいを建てるのが理想です。

それ以外にも気にして欲しいことを挙げてみました。

土地選びで気にして欲しいこと
・日当たり
・水はけ
・近くに川や工場、鉄塔がないこと
・スーパー、病院などの環境
・土地は四角(長方形も含む)であること
以上が基本的なことです。
これらの条件をクリアしている土地を見つけることは、なかなか困難かも知れませんが、頑張って探してみましょう。

日当たり

これはもう言うまでもありません。日が当たるということは様々な意味で良いことがたくさんあります。

精神的にも落ち着きますし、子供にもよい影響を与えると思います。

ガーデニングをやっても花はよく育ちますし、また家の中に日が差し込んでくると、昼間は照明を点けなくていいなどの利点もあり、経済的にも助かります。

きっとペットにもいいと思います。

水はけ

これも住み始めるとわかりますが、水はけが悪いと、その部分がジメジメしたり、害虫が発生したりと、衛生上とても良くありません。

土地を見学するときは、この水はけのこともしっかりと頭に入れて、不動産屋さんに確認しておきましょう。

近くに川、工場、鉄塔がないこと

川はもうお分かりですね。

そうです。豪雨が降ったときに氾濫して、せっかくの家が台無しになってしまいます。また雨の量によっては命の危険もあります。

工場は騒音問題や、臭い、環境悪化の原因になったりします。また、工場には大型車両が出入りすることもあります。すべての工場がそうではないかも知れませんが、避けた方が良いと思います。

また鉄塔は電波障害の原因や、人体に悪影響があったりします。

スーパー、病院などの環境

近くにスーパーや病院、郵便局、保育園などがあれば、とても便利です。このあたりはここで記載するまでもなく、考え付くことだと思います。

今は車で行動することもあり、多少遠くても、行けてしまいますが、できれば近い方が便利です。それに越したことはありません。

四角い(長方形も含む)土地であること

土地でもいろんな形があります。

家を建てた時に、使い勝手が良い土地はやはり四角い土地ということにまります。角が欠けた形だったり、形がいびつだったりすると、何かと使い勝手がよくありません。住んでいても落ち着かないと思います。

もし土地を買うとなれば高い買い物になるし、そこに住むとなれば、一生住むことになります。土地選びは慎重になりましょう。

まとめ

土地選びを失敗すると、場合によっては命の危険もあります。できるだけ慎重に選びましょう。

コメント