海外ではドッグハウスに○○を入れる

ボク流ペット論
jarmoluk / Pixabay

僕がYouTubeでDIYの動画を見ていた時のこと。

最初は日本人の動画ばかりを見ていましたが、そのうち関連動画でアメリカ人ぽいのが出てきました。

あちらもDIY熱がすごいですね。

みんないろんな道具を揃えていて、半端じゃなくDIYにハマっています。

椅子やテーブルなどの小物から、家具やベッドなどの職人とも思えるものまで、その熱の入れようは日本人以上でした。

その半端じゃない過熱ぶりに僕も思わず見入ってしまいました。

そして、ドッグハウスの制作をしている動画を見つけたのです。

みんないろいろと思考を凝らして、いろんなデザインのドッグハウスを作っていました。それはもう目を見張ります。

出来栄えもデザインも素晴らしいのですよ。犬も大喜びなんです。

あちらの犬は幸せですよ。

で、ドッグハウスに何を入れるのかと言うと、ズバリ断熱材です

断熱材ですよ。

犬小屋に断熱材です。

これってもう人間が住む普通の家ですよね? すごい気合の入れようです。

それも一人や二人ではなく、僕は多くのドッグハウス制作動画を見たのですが、みんな断熱材を入れていたのです。

木の壁と壁の間に断熱材を入れる(挟む)工法で、作っているのですが、あちらではそれが当たり前のようです。

犬も人間扱いされている。あちらの方たちは本当に犬猫を可愛がっています。

僕も自分で犬猫が好きだと思っておりましたが、あちらの方たちには負けますね。(笑)感心しました。

日本でもそれが当たり前になるといいと思います。外飼いの犬はどうしても短命なので、アメリカ人のように犬を大事にして欲しいと思います。

 

コメント