猫のシャンプーの仕方と注意点

猫 飼い方
Alexas_Fotos / Pixabay
猫が夜中に暴れる原因はこれだった!
猫は夜行性なの? 猫は夜行性だからしょうがない…。 とずっと思ってました。 猫を飼っているみなさん、夜中に...

みなさんこんにちわ。

そして全国の猫派のみなさんこんにちわ。

お世話になっております。

今日も段落なしで、記事を書いていきます。

猫のシャンプーについての話です。

猫といえども月に一度はシャンプーすることをオススメします。

ちゃんとやっている方もいれば、やっていない方もいると思います。

やらなければいけないと分かっていても、ついつい先延ばしになってしまって、結局何か月もやってない。

ということになっていませんか?

昔の僕がそうでした。ついつい面倒がって先延ばしになっていたのです。(笑)

なぜ面倒かと言うと、シャンプーすること自体はそうでもないのですが、当時僕が飼っていた猫は、シャンプーの時に暴れるのです。

大人しくしていてくれれば、こんなに楽なことはないのですが、猫を押さえつけながらのシャンプーはとても大変です。

終わった後は疲労困憊です。

猫の飼い方 猫に首輪がダメな理由
今日は猫の話をします。 特に段落は設けません。 空前の猫ブームですよね。僕は猫が好きで、いつもツイッターやY...

しかもそのあとにドライヤーをかけなければいけません。そのときも逃げようとするので、やっぱり手で押さえながらの作業になります。

部屋中毛だらけになるし、もう大変ですよね。

でも、終わった後は毛並みがふさふさで、頬ずりしたくなるほど気持ちいいです。

僕がペットサロンをやっている時代には、たまに猫ちゃんのシャンプーもやってました。もちろん仕事だから、やりましたけど、自分の猫だったら、たまにしかやらないと思います。

そこで、僕が経験して、培った猫シャンプーの注意点をご紹介しましょう。

次の2点です。

・シャンプー前に爪を切っておく。または伸びていないか確認しておく
・トリマー用エプロンを付けてシャンプーをする
以上の2点です。
一つずつご説明しますと、
シャンプーをするときは、どこでするでしょうか?
お風呂場かキッチンだと思います。場所はどちらでも構いません。自分がやりやすい方でするのが一番いいと思います。
そして、いざシャワーをかけると、猫は嫌がって暴れだします。暴れても猫を押さえなければなりません。その時に腕を爪で引っかかれます。
引っかかれた時に爪が伸びていると、より傷が深くなってしまいます。ですから、猫ちゃんの爪チェックはあらかじめしておきましょう。
ちゃんと切ってあっても、引っかかれるとミミズ腫れになることもあると思いますが、伸びているよりは傷は軽傷で済むと思います。
そして、次の注意点ですが、トリマー用エプロンの着用は、自分の服を濡らさない、または汚さないための防御策です。
猫をシャンプーしているときは、水が飛び跳ねます。当然、服もびしょびしょになってしまいますよね。
ですから、防水加工してあるエプロンがネット通販で簡単に購入できるので、それをオススメします。
「トリマー用エプロン」で検索すれば、いくらでも出てきます。
どうぞご検討くださいね。
もう一つ注意することをお伝えします。
シャワーの圧力は、あまり強いと犬も猫もびっくりしてしまいます。かと言って、弱すぎると全体を濡らすのに時間がかかってしまいます。
猫ちゃんの様子を見ながら、適当な圧力にしていきましょう。
シャワーをかけるときは、お尻の方から、かけていくことをオススメします。(犬の場合はそうです)
まだ、他にもいろいろとありますが、とりあえず今回はこんなところです。
参考にしてみてください。

 

コメント