SEO対策とは? 上位表示されたければGoogleのガイドラインを知ろう!

ブログについて
pixel2013 / Pixabay

(このページは2019年12月10日に公開しています)

これまでいろいろなSEO対策の話をしてきましたが、ここでもう一度基本に立ち返ろうと思っています。

SEO対策としてはいろいろあるのですが、その前にまず基本を知ることが大切です。

それを踏まえたうえで、日々の記事更新をしていくことを強くオススメします。

でないと、基本から外れていたら、いつまでたっても上位表示はされないからです。

では、その基本とは何か?

この章でお話していきますね。

Googleガイドライン……基本方針

これは恥ずかしい話ですが、僕も最近あることがきっかけで知ることになったのです。

Googleには、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)というものがあります。

このことをご存じでしたでしょうか?

ご存じの方は、この記事を読む必要はありませんので、このままスルーしてください。

その基本方針とはこちらです。↓

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

・ユーザーをだますようなことをしない。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。。

・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

(こちらはGoogleウェブマスター向けガイドラインを一部抜粋したものです)
これらのガイドラインを頭に入れて、常に意識して記事を書いていくことが大切です。
知らず知らずのうちに、きちんと守られている人なら問題ないと思いますが、ぜんぜんアクセス数が伸びないと感じている人は、一度こちらを踏まえた上で、もう一度記事を見なおして、リライトをかけてみてはいかがでしょうか?
思わぬ落とし穴を見つけるかも知れません。

Googleが掲げる10の事実

もう一つあるのがこちらです。

Googleが掲げる10の事実です。

こちらも一度目を通しておいた方が良さそうです。少し長い文章になっていますが、億劫がらずに読んでみましょう。

下記にまとめておきますね。

ウェブマスター向けガイドライン

Googleが掲げる10の事実

まとめ

ブログで収益化を図るなら、このルールは一度は目を通して、頭に入れておきましょう。知らないうちにルール違反してた、なんていうことがないように。

コメント