犬の噛み癖、甘噛みを治すしつけ方法とは? 犬との信頼関係、絆を深める

ボク流ペット論
Chiemsee2016 / Pixabay

(この記事は2019年12月14日に公開しています)

今回は犬の噛み癖について解説していきます。

噛み癖をやめさせたい、噛みつくので困る。といった悩みを一緒に考えていきましょう。

まず犬の習性を理解しましょう!

犬は本来、噛む動物なのです。

それは犬の本能でもあり、習性でもあり、また噛むことが好き、ということもあるのです。

だから遊んでいる時でも、甘噛みしたりするのもそのせいです。

僕が以前、犬を飼っていたときは、甘噛みする姿が可愛いくて、わざと自分の手を犬の口に持っていって甘噛みさせていたこともあります。

犬はときに、飼い主の手や指を甘噛みすることがありますね。

噛まれて「痛い」と感じる人や、「痛くない、ぜんぜん平気」という人もいます。僕は少しぐらいなら歯を立てられても平気でした。

女性と男性でも感じ方は違うと思います。

 

さて、犬にとっての「噛む」という行動ですが、僕の場合は、犬の気持ちを自分(人間)と置き換えてみたりしました。

それはどういうことかというと、たとえば人間の場合、痒いところがあったら、かきますよね?

頭がかゆい、ひざがかゆい、眉毛の下がかゆい、となったときに普通にかいてしまうと思います。でも、これは普通の行動だし、誰にも迷惑をかけません。

犬にとって「噛む」というのは、それぐらいの感覚なのです。

噛む=悪いこと ではなく、噛む=かゆいところをかく ぐらいのことだと認識してあげてください。

犬を飼う時は、まずそれを理解してあげて欲しいと思います。

噛むことをやめさせるのは、犬にとってのストレスになる!

当然、やめさせることは、犬にはストレスになります。

人間で言うと、痒いところがかけないわけですから。それが飼われている間、ずっと続くのですから。犬の気持ちになってあげてくださいね。

たいていの場合、犬が飼い主に噛みついて(甘噛みも含めて)きた場合、「痛い!」とか「ダメ!」とか大声をあげて、やめさせるのだと思います。

僕もそうでした。それを繰り返していると、犬は噛むことを徐々にしなくなります。それが「しつけ」ということになるわけですが、これは決して、噛み癖が直った、わけではありません。

犬はただ単に、飼い主が言う(怒る、叱る)から、噛むことを我慢しているだけ、に過ぎません。ここでストレスが溜まっています。

だから、そのことに対して、飼い主も怒るだけはでなく、犬が噛むことをやめたら「えらいね、ありがとうね」と褒めて、撫でてあげることが大事だと思います。

犬は意外と飼い主の言葉を理解するものです。

「本当は噛みたいんだよね、我慢させてごめんね」と言ってあげましょう。犬も「自分の事を理解してくれているんだな」と思い、飼い主との信頼関係に繋がると思います。

人間でもそうですよね。仕事でサービス残業しても、会社や上司から感謝もされなかったら、腹が立ちませんか? そしてさらに厳しいことばかり言われたらどうでしょう? 「ふざけんな、やってられるか!」と言う気持ちになると思います。

犬も同じです。命令ばかりしていたら、そのうちブチギレます。(僕は経験ありです)

言うまでもありませんが、犬を叩いたりするのは論外です。それは信頼関係がなくなるばかりか、犬を敵に回します。

噛まないようにしつける方法

さて、みなさんが知りたいのは、この方法ですよね。

これは噛みついたら、または甘噛みを人間にしてきたら、すぐに「痛い!」「ダメ!」「いけない!」と叱ってあげましょう。すぐに、がポイントです。

時間が経ってからでは意味がありません。そう現行犯しつけです。

よく噛むのをやめたらエサ(オヤツ)を与えるということを聞きますが、僕はこの方法はあまりオススメしません。

なぜかというと、オヤツを与えると虫歯の原因になったり、肥満の原因になったりします。

もしご褒美を与えるなら、一緒に遊んであげたり、撫でてあげたりする方がいいと思います。遊んであげることによって、運動不足を解消できますし、飼い主との絆も生まれると思います。

そして、もしも家族で犬を飼うなら、しつけのことは家族全員で意思統一しておくことが大切です。とにかく人間に噛みついてはいけない、ということを犬に認識させましょう。他人に噛みついて、ケガをさせたら裁判沙汰になります。

とはいうものの、しつけというのは、そんなに簡単なものではありません。

いくら家族全員で取り決めをしても、必ずそれを守らない人が出てくるだろうし、「甘噛みならいいじゃん」という反対意見も出てくるかも知れません。または「可愛いから叱れない」ということもあると思います。

そのあたりは犬を家に迎える前に、家族会議で十分理解を深めておきましょう。

そのかわり、犬が噛んでもいいオモチャを何種類か与えてあげます。これはもちろんストレス発散のためです。

高価なものは部屋に置かない

いくらしつけても犬が100%噛むことをやめるわけではありません。

人間に噛まないように教え込んでも、室内犬の場合、柱にかじりついたり、ソファをかじったりと、噛むことはすると思います。

家に家族が誰もいないときは、犬の独壇場で、やりたい放題ということになります。そういうこともあるので、高価な家具、特にソファなどが置いてある場合は、恐らくやられます。

傷つけられないように工夫すること(犬が入れない部屋に置いておくなど)が大事だと思います。犬を飼う時は、ソファなどは安物にしておくことをオススメします。

勘違いな人間の認識

噛み癖を直すしつけをするのですが、前述したとおり、犬が噛むのは習性ですし、ごく自然な行動でもあるわけです。

仮に噛むことをやめたからと言って、決して「噛み癖が直った」と思わないことです

何度も言うように、それは犬が噛むのを我慢しているに過ぎません。絶対に噛まないというわけではないので、注意が必要です。

これは僕が経験したことですが、僕も昔犬を飼っていた時、上記の方法で噛むことをやめさせました。そして噛み癖を直したと思っていたのですが、あるとき散歩の途中で、道に落ちていたビニールのかけらを口に咥えたまま放そうとしなかったのです。

僕は飲み込んだら大変だと思って、犬の口から、そのビニールのかけらを取ろうとしました。そのときに「ガブ!」と思い切り噛まれました。

ものすごい激痛でした。出血もしました。親指が食いちぎられたかと一瞬思いましたが、そこまでには至りませんでした。

自分では「うちの子は噛まない」と思っていたので、噛まれたときはショックでしたよ。

ここでみなさんに質問しますが、うちの子はなぜ飼い主に噛みついたのでしょうか?

それはビニールのかけらを取ろうとしたからではないと思います。今までの飼い主に溜まっていたストレスや鬱憤があり、それが一気に爆発したのだと思います。

飼い主として僕は犬と信頼関係ができていたと思っていましたが、それは大きな勘違いだったようです。

きっと犬は普段から飼い主に対して我慢していることがたくさんあったのでしょう。僕はそんな犬の気持ちを理解できずに、しつけに対して自己満足していたのだと思います。

言う事を聞いたら褒めてあげる。一緒に遊んであげる。そんな犬とのコミュニケーションが足りなかったのだと思います。

つまりコミュニケーション不足ですね。基本、犬は飼い主が大好きなのです。ずっと一緒にいたいのです。

その気持ちを理解してあげてください。

Winsker / Pixabay

「命令ばっかりしてないで、もっとボクと遊んでよ」

まとめ

しつけは犬の性格や犬種にもよります。こちらの要望をすぐに理解する犬や、そうでない犬もいると思います。また飼い主さんが忙しかったりすると、犬のために時間を作ってやれないということもあると思いますが、しっかりとコミュニケーションをとり、愛情を与えてあげてください。

コメント