猫あるある川柳

ボク流ペット論

 

(この記事は2019年12月29日に公開されました)

 

猫あるある川柳です。

今回は7つ。全て自作です。

それではさっそくどうぞ!

 

オレ負けた 猫が動画で 稼いでる

今は猫の動画を撮ってYouTubeにアップして稼いでいる人もいますからね。自分の本業よりも、猫動画の方が稼げてる人もいると思います。まさに猫様様ですね。 🙂

 

かつおぶし 時は流れて 今ちゅーる

これは時代の流れですね。チャオチュールが大ヒット商品になりました。僕が子供のころは、ご飯にかつおぶしが定番のにゃんこめしでしたが。(笑)

 

可愛いけど 仕事できない そこどいて

パソコン作業しているときに、キーボードの上に猫が乗ってくるやつですね。猫から見たら、キーボードがいつもご主人様に遊んでもらってる、って思っているのかも知れません。仕事の邪魔をされても憎めないですよね。

 

帰宅して コロコロかける いと悲し

仕事から疲れて帰ってきても、絨毯などが猫の毛だらけで、コロコロをかけないと落ち着かないご主人さまの悲しい性ですね。とくに一人暮らしでコロコロをかける姿って、はたから見たら滑稽かも?

 

安月給 急な病気に 財布(かね)ピンチ

これは僕が実際に経験したことです。給料安いのに猫が急に病気になって、動物病院に連れていき、とんでもない出費が出てしまったことがありました。泣くに泣けません。とほほです。 😥

 

花瓶割り 余計な家事を 増やしけり

花瓶に限らず、猫が余計な仕事を増やしてくれるときってありませんか? 帰ってきたらキッチンにドライフードが散乱してたりとか・・・。

 

太りすぎ 昔は通れた 壁の穴

そうです。猫がまだ細かったときは通れたんです。壁につけた猫用の通路。太ってきたせいで通れなくなっても、猫の頭の中には、「ここは通れるはずだ」とインプットされているのですね。

 

まとめ

今回はこんな感じです。次回があるかどうかわかりません。(笑) 好評だったら、また書きますね。

 

 

 

コメント